聖戦ぱーてぃないと

もう大学生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

じゃぺん

まあ思ったこと書く
成功とか失敗とかは別にどうでもいいんす

俺的にはペンスピに対するモチベを上げてくれたので とても良かったです

来年のじゃぺんを目指そうと思えた

制作者側の熱意と意図がよく伝わった 



疑問が1つ
推薦の人には撮り直しをさせて公募には撮り直しさせてないのは何でだろうと疑問を

公募の人が気迫が感じられないとかなんとかで 落とされてるけど そんなことないと思います
本当になめてる人は除いて大半は 本気で撮ってる

じゃあ逆に推薦の人はどうなの? 最初の提出では納得いくものばかりだったのか
何度も撮り直しさせてる時点でそうではなかったはず

気迫って何? 人によって受け取り方はさまざま 
抽象的な観念を判断材料にするのは微妙  
あきらかな実力不足は論外として  ある程度できる人には推薦の人と同じように
アドバイスを与えて撮り直しさせていれば 気迫というものも見えたかもしれない 



とまあ こんな感じです
思った通りのこと書いた


制作にかかわった方 出演者の方 おつかれさまでした すばらしいCVをありがとう
スポンサーサイト
ペン回し | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME | テスト>>

この記事のコメント

気迫が足りなかったから落ちたのではなく、合格レベルでない動画が、コケたか、ナメてるように見えたか、単純にまだまだだったという話ですのでそこはご理解を。
また、時間がなく、その点に配慮する余裕がなかったというのがそもそもの問題ですが、確かに招待枠のみ撮り直させるというのは良くなかったです。
次回以降はしっかりと時間を確保し、出演にふさわしい人をより見極めていかねばならないと思います。
感想ありがとうございました。
2013-12-29 Sun 10:12 | URL | mind #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。